FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12章-06

2013.07.26 (Fri)
今年も残すところあと6日となった月曜日。
ボクはいつものように店の準備をしていた。

酒屋が空いたビールケースを引き取って、新しいビールケースを置いてゆくと、ボクはカウンターの中に屈み瓶を一本ずつ濡れ布巾で拭いて冷蔵ケースにつめてゆく。
布巾がたちまち真っ黒になる。

酒屋から運ばれてきた瓶ビールは使いまわしのケースについた汚れや輸送中の排気ガスで汚れているものなのだ。

20本の瓶ビールを冷蔵ケースに仕舞ったとこで店のドアが開き誰かが入ってくる気配を感じた。

開店時間にはまだ30分ほど早い。

また蕎麦屋の大旦那・木村さんが待ち切れずに飲みに来たのかと思いながらドアを見ると男が立っていた。

髪は短髪でカーキー色のジャンパーを着た初老の男である。
店の客ではないと思った。

客にしてはあまりにも表情が殺気立っている。

「!」

ミミちゃんと会った夜に通りの向こうから店内を見ていた男だ。

「貴様か!人の女房に手を出した野郎は」

ドスの効いた太い声で男が言いながらカウンターの前まで来ると、カウンター越しにボクの襟首を鷲摑みにした。

「………」

突然現れた男にボクは足が震えて動くことも声を出す事も出来なかった。

〈ミミちゃんの旦那さん?〉

「どうなんだよ。間男は貴様なのかって聞いてんだよ」

心臓が今にも張り裂けそうな程ドキドキして、呼吸が追いつかず金魚のように口をパクパクすることしか出来なかった。

「クソ!」

男の節くれだった拳がボクの左頬に炸裂した。
まるで鉄球でも顔面に食らったような激しい衝撃でボクはカウンターの奥に弾き飛ばされた。

背中を壁に打った痛みと左頬の痛みが同時に襲ってきた。

男が回り込んでカウンターの中に入ってこようと動いた。
ボクは恐怖のあまり客のキープボトルを取って男に投げつた。
男の左肩に当たって床に落ちたボトルが割れた。

「貴様ッ。やりやがったな」

男はジャンパーのチャックを開くと内ポケットから木の鞘が付いた小型の包丁を取り出し、鞘を抜いて足元に投げ捨てた。

立ちあがって逃げようとするボクに向かって男が小型の包丁を持って突進してくる肩越しに店のドアが開き誰かが入ってくるのが見えた。

「あんた。やめて!」

左目の周りと口元が内出血で浅黒くなった顔のミミちゃんが飛び込んできた。

脇腹に何かがめり込む感触がした。
次の瞬間、その周りがカッと熱くなり激しい痛みを感じた。

男の節くれだった拳に握られた刃物がボクの腹にめり込んでいた。

男の拳が出血したボクの血で真っ赤に染まっている。
1ミリでも動けば痛みが増すようで動く事が出来なかった。

放心状態の男も刃物の柄から拳が離れなくなったように動かなかった。
泣き叫ぶミミちゃんの声とパトカーのサイレンを聞きながらボクは意識を失った。

(完)


よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。