FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11章 -04

2013.07.20 (Sat)
菊花賞は3歳馬のクラシックレースで京都競馬場の芝3,000メートルで争われる。

オルフェーヴルには中央競馬クラシック3冠達成のかかったレースだ。

3冠とは皐月賞、日本ダービー、そして菊花賞を制することである。
この菊花賞で勝てば史上7頭目の3冠馬となる。

東スポの見出しにも「オルフェ死角なし3冠」と載っている。
だが、ボクはいつものようにヤフースポーツの出走表から近6走のデータをエクセルのワークシートに入力し距離別の走破タイムや着順ポイントに上がり3ハロンの平均タイムなどを色付けした。

「競馬に絶対はない」と言われるように、どんなに堅いと思われた単勝オッズが1.8倍で1番人気の馬でもゴール前で差されてハナ差の2着に敗れることだってある。

だから何か確証の持てるものを見つけて馬券を買いたいのだ。
いや、確証という言葉は適切ではないかも知れない。
自分が納得できる方法で検証してから馬券を買いたいのだ。

馬券が取れても取れなくても、立ち返るものを残しておきたいと思う。
それがエクセルのワークシートに数値を入力して軸馬を決めるボクがオリジナルで考案した予想方法だ。

出走する3歳馬は3,000メートルという距離を経験したことがない。
強いからといって果たしてスタミナが持つのか。
距離が長いので展開のアヤで有力馬が馬群に沈む可能性だってある。

1,800メートルで1番早い走破タイムは1番人気の⑭オルフェーヴルだ。
2,000メートルで1番早い走破タイムは⑥シゲルリジチョウとコンマ1秒差が⑨ダノンミル。
2,200メートルは⑤フェイトフルウォーで、2,400メートルは⑦ゴットマスタングだが、この馬は2,000メートルの走破タイムが18頭の中で1番遅い。

着順ポイントは⑭オルフェーヴルが断トツに高く91ポイントだ。
追い込み指数と合わせた総合ポイントでも15.2ポイントと2番目に高い⑰フレールジャックの13.0ポイントと比較しても圧倒的だ。

更にボクが重視する上がり3ハロンの平均値も⑭オルフェーヴルが33.8と1番速い。

「競馬に絶対はない」と思うが、単勝オッズが1.4倍で1番人気の⑭オルフェーヴルを1着固定の3連単フォーメンションで買うことにした。

切るのは総合ポイントの数字が低い8頭で、9×8で72通りだ。
1着オルフェーヴルからの馬券が圧倒的に人気のようで100倍以下のオッズが20点ちかく並んでいる。

いつものごとくネットバンクにコンビニのATMから入金して手数料を引かれた3,800円の軍資金である。
堅い決着になると判断して低いオッズに太く買う手もあるが、なにしろ使える金はたかだか3,800円だ。
オッズが400倍以上の38点の馬券をネットのPATで買った。

結果は⑭オルフェーヴルの圧勝であった。
4コーナー手前から一気にまくって直線では後続を6、7馬身も引き離す加速力でゴール前を駆け抜けた。
終わってみれば2着、3着も2番人気と3番人気の決着で堅い配当となり馬券は取れなかった。

2011年10月23日(日)
第72回菊花賞(GⅠ)
一着 ⑭オルフェーヴル
二着 ⑬ウインバリアシオン
三着 ①トーセンラー
⑭-⑬-① 三連単 2,190円

(最終章・第12章へつづく)

よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。