FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10章 -04

2013.07.16 (Tue)
最後の客が帰って、店の看板を消してボクはグラスを洗っていた。

ママはいつものようにカウンターで伝票の計算を始めた。

二人だけの店内に軽音楽のBGMが静かに流れている。

「マリがお店に来たことはミミには内緒だからね。いまは大人しく働いてくれてるから…。余計なこと言いたくないし」

「………」

「ワタシが26、マリが27の時に2人が働いていたクラブに入店してきたのがミミなのよ。ワタシは今でもあの子が犯人だとは思っていないけど、彼女が入ってから更衣室でお金が無くなる事件があったりしてね」

「店に変な客を連れて来たって話は?」

「ミミが前の店から引っ張ってきた客がいてね。パリッとしたスーツを着てロマンスグレーの髪を綺麗に撫で付けた紳士で、本人は会社経営者だと言ってたけど、実際は詐欺師だったのよ。店に警察が来てワタシたちも色々聞かれたわ」

「ミミちゃんのお客さんが詐欺師だったのであって、ミミちゃんも詐欺師の一味だった訳じゃないんでしょ」

「そうだとは思うわよ……。あの子も男運が無いって言うか、付き合う男にろくなのがいないのよね」

ボクとミミちゃんが付き合っていると言えるのかどうかわからないが、少しばかりドキリとした。

ボクも“ろくな男じゃない”部類に入るのだろうか。

その前にボクとママの関係も付き合っていると言えるのだろうか?

恵理子さんとの関係だって続いているし……。
やはり複数の女性と身体の関係を続けているボクは“ろくな男じゃない”のかも知れない。

その夜は自分のアパートへ帰ることにした。

仕事が終わって腹も減ったので駅前の牛丼チェーンに入った。

この店は牛丼だけでなく定食もあり、定食には味噌汁とサラダが付くのでありがたい。

店に入ると深夜だというのに店員の元気な声が聞こえてきた。

「いらっしゃいませ」

券売機で焼肉定食の食券を買ってカウンターに座る。
店内には他にひとりの客がカレーライスを食べていた。

待つことしばし、注文した焼肉定食が出てきた。
この時、水が無いことに気づきカウンターの向こうにいる若い店員に言った。

「お水ください」

するともうひとりのボクより先にいた客が言った。

「水!」

カレーを食べていた客にも水が出ていなかったみたいだ。
若い店員は慌ててボクともう1人の客に水を出した。

深夜の店舗に従業員は2人だ。
1人は厨房で調理を担当し、若い店員はカウンターの向こうでドレッシングやタレの補充作業をしている。
大学生のアルバイトだろうか。

焼肉定食を食べ始めると、次の客が入ってきた。
若い店員は元気な声であいさつをする。

「いらっしゃいませ」

調理を必要としない牛丼を注文したのだろうか、程なくして丼を若い店員は客の前に出した。
するとその客が言った。

「水!」

〈えー。君さっきも水出し忘れたじゃん。しかも2人に。店が混雑してる訳でもないのにど~して出し忘れるの?〉

思わず声に出して言ってやりたくなったが黙っていた。
そして、今夜店で客から聞いた話を思い出した。

「普通な奴なんだけど……。普通じゃ考えられないミスばかりするもんだから」

彼もゆうとり教育世代なのだろうとボクは思った。
(第11章へつづく)


よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。