FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8章 -04

2013.07.08 (Mon)
バスルームからジョボジョボと湯が注がれる音を聞きながら英理子さんを抱きしめた。
彼女のスリムで均整の取れた身体は抱きしめてみると、想像以上に弾力があった。

うつむいた彼女の顎をボクは指で持ち上げ顔を見つめた。

彼女は目を閉じていた。

ボクはキスをした。少しぎこちない反応だが彼女が舌を絡めてきた。

真っ赤なTシャツの裾から手を滑り込ませブラジャーの上から彼女の乳房を揉んだ。
それ程大きくはないが弾力がある。

ベッドに押し倒しTシャツを捲り上げた。

贅肉のない綺麗なウェストと白いブラジャーが見えた。

ボクはブラジャーをずらし小ぶりの乳首を吸った。

「あああああ~っ」

左右の乳首を交互に吸って、甘噛みして、舌で転がした。

「あ~ん。ダメよ……」

背中のホックを外し真っ赤なTシャツと白いブラジャーを脱がせた。
ボクも着ているTシャツとズボンを脱いだ。
パンツの中で勃起したイチモツがテントを張っている。

彼女のジーンズにあるボタンを外しジッパーを下げ脱がせた。
彼女は淡いピンクのパンティーを履いていた。

彼女を抱きしめボクはパンツ越しに勃起したイチモツを彼女の股間に押し付けた。

バスタブに湯が溜まり自動的に蛇口が閉じたようでジョボジョボと湯が注がれる音は止んでいた。

でも、ボクたちはもう我慢できなくなっていた。
キスをしながら互いの下着を脱がせ彼女の秘部へ猛々しくなったボクのイチモツを押し当てた。

上下に2、3度彼女のクレバスを這うようになぞると、彼女がボクの勃起したイチモツに手を伸ばし、それを支え中に導き入れた。

やや狭い入り口を亀頭が潜り抜けると、濡れた膣の中へ陰茎までがヌルリと入った。

中はとても温かく、ボクのイチモツにピタリと吸い付くように彼女の膣壁が密着した。

ボクはゆっくりとストロークを開始した。

「ア~ン。気持ちいい」

彼女の反応と連動するように膣が収縮を繰り返す。

ボクは夢中で腰を動かし、ストロークするスピードを速めた。

「ショウくん、気持ちいい……」

気持ちいいのは彼女だけではなかった。
ボクも彼女の収縮する膣にカリ首から陰茎までを締め付けられ眩暈がするほどの快感を覚えた。

陰嚢が引きつるような感覚で射精が近いと感じたボクは彼女の股間に打ちつけるようにストロークを速めた。

パン!パン! パン!パン!
と湿った肌と肌がぶつかり合う音が室内に響く。

「ハッ、ハッ、ハッ、ハ~ン」

彼女の呼吸が速くなり膣が収縮を繰り返す。

ボクも呼吸が荒くなった。

〈もう我慢できない〉

そう思った時に何も付けずに挿入していることに気づいた。
だがこの快楽を中断したくはなかった。

ボクは激しくストロークして、陰茎を精液が通過する直前に引き抜いて、外に射精しようとした。

奥まで深く入った次の瞬間に腰を引こうとすると、彼女がボクの腰に手を回し引き寄せた。

「そのまま。中でして……」

引き戻された瞬間にボクは彼女の中で射精した。

バスルームでまだ硬度を保ったままのボクのイチモツをボディーソープで洗いながら彼女が言った。

「8年前に卵巣の病気で手術したの……」

よく見ると彼女のヘソから10センチほど下のところに小さな傷跡があった。

当時のボクは駒込のワンルームマンションに住んでいた。
四谷にある小物雑貨の会社までは南北線で通うのが便利だったからだ。

だが、派遣の仕事で働くようになり正社員として働いていた頃と比べると収入も減り、家賃の65,000円を払い続けるのには無理があった。
そこで、ボクは寮のある派遣先を探そうと別の派遣会社にも登録をしていた。

しばらくすると群馬県にある大手自動車部品メーカーの派遣先が見つかった。

ボクはワンルームマンションを引き払い、寮のある群馬県の大手自動車部品メーカーで派遣スタッフとして働き始めたのが2008年の8月であった。

その翌月。アメリカの大手投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破たんした。
(第9章へつづく)


よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。