FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7章 -03

2013.07.04 (Thu)
店は8時を過ぎた頃から混みだした。
週末ではないので今夜はヘルプの留美ちゃんもミミちゃんも居ない。

ボックス席は作業着を着た3人組みの客とスーツ姿の4人組みの客で埋まった。
カウンターには近くの喫茶店のマスター小島さんと会社員の小糸さん。
ご近所の福田老人が相次いで来店しカウンターも半分が埋まっていた。

ボクは作業着を着た3人組みの客が注文した焼きそば3人分を厨房で作り、スーツ姿の4人組みが注文した鳥の唐揚げとフライドポテトを電子レンジで暖め皿に盛って出した。

店のドアが開いてまたひとり客が入ってきた。常連の大塚さんだ。

「いらっしゃいませ」

カウンターのスツールに座った大塚さんにママがタオルウォーマーから取り出したおしぼりの封を切って、広げた状態で大塚さんに差し出した。
銀縁のメガネを外しおしぼりで顔を拭くと大塚さんが言った。

「今日は暑かったなぁ。ウチの会社なんて節電だからってエアコンの温度が28度に設定されちゃって暑いったらありゃしないよ。おまけに天井の蛍光灯は半分抜かれてるし、廊下なんか明かり点けないから昼間でも薄暗いしさぁ。あ、俺レモンサワーね」

「私の会社も同じですよ。冷房弱めに点けて、あとは扇風機で我慢しろって会社から言われてます」

小糸さんが言った。
下町のスナックは常連客ばかりなので、カウンターでは客同士が自然と会話を交わす。

注文したレモンサワーをひと口飲み大塚さんが続けた。

「街も節電ムード一色だしね。帰りにパチンコでもして涼もうと思ったら早仕舞いだって言うし。コンビニも看板の明かり消してるし、ビルの上にある広告の看板も照明が消えてるから街が全体的に薄暗いもんな」

「え、コンビニも看板を消してるんですか?」

ボクは思わず大塚さんに聞いてしまった。
店に入る時間はまだ外が明るいので気づかないし、店に入ってしまえば閉店まで外に出ることはまずない。

「駅前なんかも薄暗くて、まるで田舎の駅前みたいだよ」

「そうですよねぇ。夜でも街のネオンや照明で明るいのが当たり前の中で生活していたことに気づかされますね」

「なんだか全体的に自粛ムードで景気がますます悪くなりそうだよな」

小糸さんの隣に座っていた喫茶店のマスター小島さんも会話に加わった。

「ウチの店なんか震災後、ランチを食べに来ていたお客さんが三割減りました」

震災から半年近く経過したが、被災地ではまだまだ復興の目途は立たず、社会全体に閉塞感みたいなものが漂っているように感じた。

「リーマンショックからなんとか立ち直ったと思ったら今回の震災だからなぁ。バブル崩壊からの失われた20年なんて言うけど、もう2度と日本の景気は良くならないんじゃないかと俺は思うよ」

リーマンショックという言葉を聞いて、3年前に働いていた派遣先で失業した時の事をボクは思い出した。
いわゆる、「派遣切り」というやつだ。
(第8章へつづく)


よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。