FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5章 -03

2013.06.28 (Fri)
ママのお店は日曜日が定休日だが、団体の予約が入れば店を開けることもしばしばある。
この日曜日は地元婦人会の年度末の打ち上げとやらで15名ほどの予約が入っていたので、ボクは翌日の競馬・七夕賞の予想を店が終わった深夜からママのマンションで始めなければならなかった。

七夕賞は福島競馬場で開催される芝2,000メートルの重賞レースだ。
正式名称は『福島県知事賞、福島商工会議所会頭賞』という間に雨垂れが入る長い名称のレースだとウィキペディアに書いてある。

そんな七夕賞であるが今年は震災の影響による福島競馬の開催中止に伴い、中山競馬場で開催された。

いつものようにヤフースポーツの出走表から近6走のデータをエクセルのワークシートに入力し距離別の走破タイムや着順ポイントに上がり3ハロンの平均タイムなどを色付けした。

距離2,000メートルで走破タイムが1番速いのは③オペラブラーボ。
1,800と2,200メートルで速いのは④サンライズベガだ。

人気を集めていたのは金鯱賞で2着だった⑨キャプテントゥーレ。
この馬も1,600と2,000メートルの走破タイムはなかなかのものだ。

しかし、走破タイムが速いからといって成績が必ずしも良いとは限らない。
ボクは走破タイムより着順ポイントと追い込み指数を重視する。

この2つの数字を合算した数字をボクは“総合ポイント”と勝手に呼んでいる。
と言っても誰かに講釈をたれる訳じゃないし、お店のお客さんと競馬の話はしないことに決めている。

総合ポイントが出走する17頭中で1番高い15.0ポイントの馬が⑮イタリアンレッドだ。

ちなみに1,800と2,000メートルで走破タイムが速い③オペラブラーボは8.0ポイント。
1,800と2,200メートルで速い④サンライズベガは5.7ポイントで1番人気の⑨キャプテントゥーレは4.5ポイントである。

〈イタリアンレッド?〉

聞いたことのない馬だった。
と言うよりもボクの競馬はネットの出走表からデータを拾い、エクセルに入力してソートして着色し、ワークシートに入力した数値で馬券を買うので馬の名前を殆ど覚えない。

軸にする馬も番号なら切る馬も番号でしか認識しない。

⑮イタリアンレッドを1着固定の3連単フォーメーションで、切る馬は①⑦⑧⑪⑫⑬⑭⑰、3着に押さえたのが⑥⑯。

42通りからネットバンクに4,000円をコンビニのATMで入金して手数料を引かれた3,800円でオッズの低い4点を切ってPATに投票し終えた時には窓の外はすっかり明るくなっていた。

ボクはセミダブルのベッドで軽いいびきをかいて寝ているママの隣に体を横にした。


第5章 -04

店に入ったのは昼の12時だ。

厨房の奥に仕舞い込んである組み立て式のテーブルと積み重ねて仕舞ってある丸イスを出して15名分の席を用意した。

地元婦人会の奥様方が来店する15時までにボクはオードブルのサラミやチーズを切って盛り付け、ママと手伝いに来てくれたミミちゃんが炊き上がったご飯で作るおにぎりに入れる塩ジャケを焼いた。

ママは留美ちゃんにも手伝いに出てきて欲しいと頼んだが、留美ちゃんにはあっさりと断られた。

15時少し前から次々に婦人会の方が来店しはじめた。
どんな素敵な奥様が来るのかと密かに期待していたのだが、かなり高齢の女性ばかりで婦人会と言うよりは老婦人会といった感じであった。

話し声の馬鹿でかさと、テレビのお笑い番組で入る効果音的なおばちゃんの笑い声に、甲高いカラオケの歌い声でボクの頭の中はキンキンして眩暈を覚えた。
そんな休日の団体客に閉口しながら、空いたグラスを下げたりビールやサワーのお代わりを作っては運び大忙しで七夕賞の結果も気にはなっていたがそれどころではなかった。

ママはカラオケの入力端末を持って、まだ歌っていない客にしきりに歌うように勧めて周っている。

空のビール瓶を持ってカウンターに戻るとカウンターの中でタバコを吸っていたミミちゃんが言った。

「あんたも大変ね。幸子ママにこき使われて……」

「仕事ですから……」

ボクは努めて真面目そうに答えた。

ミミちゃんが入ってから数週間は経つが面と向かってふたりだけで言葉を交わすのは初めてだった。
店の開店時は留美ちゃんもいるし、お店が始まってしまえば客を相手するのに忙しく、店が終わればサッサとミミちゃんは帰ってしまうので、店の中で働くミミちゃんの姿は見ていても話しかけられることは今まで無かったのだ。

「あ~、あたしも仕事抜きてパーッと飲みに行きたいなぁ」

独り言の様に言うミミちゃんにボクは言ってみた。

「今度、一緒に飲みに行きましょうか?」

「幸子ママに悪いわ」

〈え、ママとの関係をこの人は知ってるの?〉

「大丈夫ですよ。ママは関係ありませんから」

何が関係ないのか。
関係とはどういう意味なのか言ってる自分もよくわからないままミミちゃんに携帯のメールアドレスをボクは伝えた。

地元婦人会の団体が帰ったのは18時半過ぎだった。
片付けをして店を出たのは19時を過ぎていたが外はまだ夕暮れ時だった。
夏至は過ぎているはずなのに、この時期はまだ日が沈むのが遅い。

日が傾いたとはいえ、外の気温はまだ高く冷房の効いた店と外の気温差に身体が変になりそうだ。
歩いていると背中と首筋に汗が滲んできた。

ママのマンションに帰ると、着替えもそこそこにハードディスクレコーダーに録画した競馬中継を再生して観た。

早送りボタンで番組冒頭からパドック風景もすっ飛ばす。
スターターが赤い旗を振るところで早送りをとめた。

ゲートが開き各馬がスタートすると①エーシンジーラインと一番人気の⑨キャプテントゥーレが4コーナーまでレースを引っ張ったが、直線でピンクの帽子が中段からスルスルと順位を上げて⑮イタリアンレッドが見事一着でゴール前を駆け抜けた。
一番人気だがボクの総合ポイントでは4.5ポイントしかなかった⑨キャプテントゥーレは12着に終わった。

 2011年7月10日(日)
 第47回七夕賞(GIII)
 一着 ⑮イタリアンレッド
 二着 ⑩タッチミーノット
 三着 ②アニメイトバイオ
 ⑮-⑩-② 三連単 84,620円

 パソコンでネットバンクの口座を確認すると84,620円の払い戻しが入金されていた。
(第6章へつづく)


よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。