FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3章 -04

2013.06.22 (Sat)
月が明けた翌日。
店の開店準備をしていると昨日司さんが乗り込んだ黒いレクサスの運転席にいた若い組員と20歳になるかならないかのまだ幼さが残る青年が入ってきた。

「いつものことだけど、昨日若頭が入れたボトルと氷に…。ジンジャエールでいいのか?」

若い組員がくわえたタバコに火を点けながら、まだ幼さが残る青年に聞いた。

「自分ロックで大丈夫っス」

「本当か? 酔ってクルマの中で吐いたりしたら承知しねぇからなぁ」

「はい、大丈夫っス」

「よし。わかった。バーテンさんロックグラスをこいつに出してやってよ。俺はクルマだからコーラね」

毎月晦日にヤクザの司さんが来た翌日には、若い組員が来て司さんの入れたボトルを空けにくる。
前日の司さんと同様に開店前の早い時間にだ。
一般の客と鉢合わせしない為の配慮なのだろう。

幼さが残る青年はアイスペールから氷をロックグラスに放り込み焼酎を注ぎ一気に飲み干した。
ハーッと息を吐くと空いたグラスに焼酎を注ぎ立て続けに二杯目を煽った。
四杯目を一気に飲もうとして途中で咽た。

「おい。タツヤ無理すんなよ」

「大丈夫っス」

赤鬼の様に顔を赤く染めた青年が言った。

かなりアルコールが回っていることが容易に想像できた。
ボクは急いでグラスに氷水を作ってチェイサーを出した。

「もういいよ。バーテンさんお愛想して、あと残ったボトルは店で使ってよ。来月若頭が来たときにボトルが残っていると怒られるの俺たちだからさぁ」

ボクは頷いてお釣りと領収書を差し出すと、それを受け取った若い組員は酔って意識の朦朧とした青年を抱えて出て行った。

こうしてヤクザの司さんが入れた焼酎のボトルはお客が注文したレモンサワーやウーロンハイで使わせていただいている。
その焼酎のボトルが空になったのは常連の杉本部長さんが注文した3杯目のレモンサワーを出した金曜日であった。

杉本部長さんは足立区内に本社のある食品関連の会社の営業部長で見た目は50代と思われる。
小太りで頭髪は薄く、少ない髪の毛を右から左になでつけたいわゆるバーコードヘアで、薄くなった頭とは対照的に黒々としたまゆ毛は太く一文字に伸びている。

カウンターを挟んで留美ちゃんとこの界隈の飲食店ではどこが旨いかといった話題で盛り上がっていた。

「餃子だったら福龍が一番旨いだろう」

「私もお店終わって時々寄るんだけど、必ず餃子注文するよ。あのお店の餃子は美味しいよね」

「皮の焦げ目がバリッとして、中がジューシーでビールと合うんだよなぁ」

「わぁー、こんな話していたら食べたくなっちゃった」

福龍はママの店から歩いて5分ほどの場所にあるラーメン屋だ。
中国人と思われる年配の男が1人で店を切り盛りしている。
深夜3時まで営業しているので、ボクも店が終わったあとにママと何度か食事に行ったことがある。

杉本部長がワイシャツを捲くった毛むくじゃらの腕に巻きつけた時計をチラリと見た。

時刻は2時5分だ。

あらかた客は帰ったあとで、今はカウンターの杉本部長とボックス席に町内会青年部の3名をママがお相手している。

青年部と言っても全員が40代後半から50代のおっさんだ。

明日香さんは12時で上がる約束なので、カウンターの客が途切れたところで上がっている。

ボクがグラスや灰皿を洗っていると、杉本部長が留美ちゃんに何か目で合図をするのが視界の隅に見えた。
1メートルほど離れたボクの横に並んで立っている留美ちゃんがどんな反応を返したかは確認できなかったが、うなづいたのだろうか。

3杯目のレモンサワーを飲み干した杉本部長が言った。

「バーテンさんおあいそしてよ」

「はい、いつもありがとうございます」

ボクは洗い物の手を止めて、杉本部長の会計をした。

「じゃあ、ご馳走さん。ママまた来るからね」

「部長さんいつもありがとうございます」

テーブル席から立ち上がってママはドアの外まで杉本部長をお見送りした。
ママの後ろで杉本部長に手を振っていた留美ちゃんはドアが閉まるとポーチをもってトイレに消えた。
化粧を直して杉本部長と待ち合わせの中華料理店・福龍に向かうのだろう。

脂っこい餃子を食べてビールを飲むのになぜ化粧直しが必要なのだろうか。
きっとその後は杉本部長とラブホテルでセックスをしてお小遣いをもらうのだろう。

化粧室から出てきた留美ちゃんは「お先に失礼します」とボックス席の町内会青年部3人組のお客とママに向かってあいさつし店を出て行った。

店で働くコンパニオンが店を出た後に客と何をしようがボクには関係のないことだが、留美ちゃんが小太りでバーコードヘアにゲジゲジ眉毛の脂ぎった中年男に抱かれることを想像すると性的興奮を覚えた。

留美ちゃんに対してボクはまったく興味はない。
どうも年下ってのはダメなのだ。

自分はマザコンではないと思うが、恋愛や性の対象としては年上を好む傾向がある。
それは精神的な支えを女性に求めているからかも知れない。

ボックス席の町内会青年部3人組が帰り、店を閉めるとママが言った。

「久しぶりに福龍でラーメンと餃子でも食べる?」

「え、今日はあまりお腹空いてないし、餃子とか脂っこいものはちょっと。それにもうすぐ3時だから福龍も終わりの時間だよ」

ボックス席で客の相手をしていたママが杉本部長と留美ちゃんの会話を聞いていたとは思えないが、何と言うタイミングだろう……。

留美ちゃんが上がって30分以上は経つが、福龍の前で留美ちゃんと杉本部長が店を出てくるところにボクとママが鉢合わせしないとも限らない。

「そう。じゃあまっすぐ帰って早くお風呂入ってビールでも飲みましょう」

「うん。そうだね」

また留美ちゃんがバーコードヘアにゲジゲジ眉毛の脂ぎった杉本部長とベッドで絡むシーンを想像してしまい、一旦は治まった性的興奮が再び湧き上がってきた。

ママのマンションに帰ってからボクは風呂場でママと繋がった。
(第4章へつづく)


よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。