FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

第6章 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6章 -03

2013.07.01 (Mon)
ラーメンを食べ終えたボクは東急ハンズへ向かった。
なかなか来ないエレベーターを待って6階のステーショナリー売り場へ自然と足が向いていた。
この店はボクの担当ではなかったが店頭での陳列や他社の新商品をリサーチする目的で度々訪れたことがある。

当時働いていた会社の商品が今も店頭で売られ続けているのを確認してボクは懐かしい気持ちになると共に少し複雑な思いになった。

恭子さんと連絡が取れなくなった後。
もっと言えば、ボクの不注意で昔から世話になっていた印刷工場の社長に迷惑をかけた後もボクは四谷の若葉にある小物雑貨を企画・製造販売するメーカーで働き続けた。

携帯電話とパソコンの普及は凄まじいもので、携帯ストラップやマウスパッドなどの小物が飛ぶように売れている時代であった。
ちょっとしたデザインの工夫やパッケージの見せ方で売れ行きに雲泥の差を生むことも小売店での地回りをしているボクは何度も目の当たりにしてきた。

そこで知り合いのイラストレーターにユーモラスなキャラクターを書いてもらい、それを携帯ストラップやマウスパッドに刷り込む企画を会社に提出した。

その企画が通り製品化したところ爆発的に大ヒットし、製造が追いつかない程の勢いで売れる商品になった。

雑誌などからも取材が殺到し、売れ行きに拍車をかけた。

気がつけば累計販売個数が300万個を超え、卸売り価格でも億の単位の売上になる大ヒットになった。
社内でも上司や同僚からは一目置かれる存在になったが、ボクの給与が格段に上がることもなく賞与で色が付くとか社長から特別に寸志がある訳でもなかった。

考えてみれば創業20年を迎えよとする会社で創業時のスタッフが社長しかいない会社である。
ここまでの道のりの中で功労者は少なからずもいたはずだろうに誰も残っていない会社なのである。

僅か20名足らずの従業員で回していることからも、強かに会社を運営している経営者の姿を見た気がした。
きっと多くの功労者が屍として去っていたのだろう。

ここにも自分の自己実現する場所はないと感じた。
ボクが企画した大ヒット商品の売れ行きが収束するとともにボクもこの会社を辞めた。
(第7章へつづく)


よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

第6章 -02

2013.06.30 (Sun)
ボクが初めて“神座”のラーメンを食べたのは大阪の千日前であった。

その頃のボクは四谷の若葉にある小物雑貨を企画・製造販売するメーカーで働いていた。
商品の製造工程管理と営業マンとして幾つかの取引先も持たされていた。
取引先は全国にあり、ボクは関西方面の担当であったので毎月大阪へ出張していた。

東京駅から朝7時20分の新幹線に乗り込み、10時少し前に新大阪駅へ到着する。
そこから地下鉄・御堂筋線に乗って梅田へ向かう。
地下鉄と言っても新大阪駅のホームは高架にある。
次の西中島南方駅を出ると電車は淀川の鉄橋を渡る。
平行して国道を走るクルマを眺めていると、電車は右にカーブして国道を走る車との間隔が開き地下にもぐる。

梅田周辺の得意先を回り、そこからまた地下鉄・御堂筋線に乗って心斎橋へ移動する。
心斎橋でも雑貨を置いている書店や文具店を回り、徒歩で南下して道頓堀川を渡ってなんばに入る。

阪神タイガースが優勝すると酔って狂乱した若者が橋の上から川へ飛び込むことで有名なひっかけ橋は欄干に高さ3メートル近い鉄の柵が設置され、もう阪神タイガースが優勝しても道頓堀川へ飛び込むことは不可能だろう。

なんばでも千日前商店街にある得意先を回り、なんばグランド花月の並びにある“わなか”のたこ焼きと缶ビールを買ってビジネスホテルにチェックインする。

翌日は神戸・三ノ宮の得意先を回って、帰りは新神戸から新幹線で東京へ帰る一泊二日の出張コースが定番となっていた。

出張先での夜というものは退屈なものである。
毎月訪れる大阪の夜を一緒に楽しむ相手を探そうと、日ごろから、今ほど規制の厳しくなかった出会い系サイトで遊んでいたボクは恭子さんという大阪に住む女性と知り合った。

ボクが29歳で、恭子さんは31歳。
何度もメールをしてボクが大阪出張の日にいよいよ会うことになった。

待ち合わせの難波の高島屋前に現れた恭子さんは少し地味な印象の女性であった。

「将二さんですか?」

「はい、メールの……」

「私、恭子です」

そう、将二とはボクの名前だ。
二男だから将二と名付けたと小さい時に親父から教えられたが、兄貴の名前は剛史だ。
なぜ将一ではないのか大人になって疑問に思ったこともあるが、そのことを親父に聞いたことはない。

話を戻すと、ボクと恭子さんは2人で食事をしながら酒を飲んだ。
恭子さんは人妻で昼間は長堀橋にある会社で事務の仕事をしていること。
子供はまだいないこと。
今日は友達と飲みに行くので遅くなると旦那さんに嘘を言って来たことを話した。

2時間ほど楽しく酒を飲みながら会話して店を出た。
ボクは、ほろ酔いになった恭子さんを泊まっているビジネスホテルに連れ込んだ。

あっさり付いてきたので、こういう事には慣れているのかと思っていると。
先ほどまで楽しく話していた恭子さんの表情が硬くなっていることに気づいた。

「お願いやから部屋を暗くして……」

「いいよ。恥ずかしいなら暗くしてあげるよ」

部屋の照明を暗くして抱き寄せキスをしようとすると。

「私、やっぱり無理や。私、男の人とするの怖くて出来へん!」

恭子さんによれば、彼女にとってセックスは苦痛なもので、今までに一度もセックスを気持ちいいと感じた事が無いと言うのである。

結婚前にも付き合った男はいたが、セックスが苦痛で彼女が拒むからすぐに別れることになってばかりいたそうだ。
そんな時に今の旦那さんと知り合い。
「セックスが苦痛ならしなくていいから結婚しよう」と言われ一緒になったそうだ。

付き合ったらヤルのが当たり前と思っているボクには「セックスが苦痛ならしなくていいから結婚しよう」と言う男がいることが信じられない話であった。

「じゃあ、なぜ今日はホテルまで付いてきたの?」

「会ってみたら、あなたが優しそうな感じやったから……」

この手の女性にはギラギラした雄の性欲みたいなものを出すのは禁物だ。
セックスに対する恐怖心を取り除きまったりとした雰囲気を演出するのが効果的だと心得ている。
ある意味「セックスが苦痛ならしなくていい」と言った彼女の旦那さんはかなりのヤリ手かと思ったりもするが、実際に夫婦間で性交渉がないのだから、やはり変人かも知れない。

「よし。わかった。無理にしないからシャワーを浴びておいで」

ビジネスホテルのユニットバスは狭いが女と一緒に風呂に入るのがボクは好きだ。
だからこの定宿にしているビジネスホテルで今までにも出会い系サイトで知り合った女性と一緒にシャワーを浴びたことが何度もある。
しかし、今日ばかりは恭子さんの様子から一緒に入るのは無理だと断念した。

彼女は服を着たまま狭いユニットバスに入るとカチャリと鍵をかけてしまった。
しばらくするとシャワーの音がしたが鍵をかけられてしまっては裸で乱入する訳にもいかない。
ボクはあきらめてタバコを吸っていると、バスタオルをしっかり身体に巻き付けた恭子さんが脱いだ服を持って出てきた。

昼間は得意先回りで汗をかいたので、ボクは彼女の目の前でパッパと服を脱ぎシャワーを浴びた。
さっぱりして出てくるとベッドライトまで消されていて、室内は真っ暗になっていた。
ベッドの上では彼女が布団をかぶって盛り上がっている輪郭がかすかに見えた。

ボクは隣にもぐりこみ恭子さんを抱きしめた。
目を閉じて身体を硬くしている彼女はバスタオルを巻いたままだ。
ボクは彼女の髪を撫でキスをした。
唇を閉じているのでフレンチキスにしかならない。

バスタオルをほどこうとすると彼女の手がそれを邪魔した。
仕方がないのでバスタオルの上から彼女の乳房があると思われる周辺を愛撫した。
決して焦ることなく、ゆっくりとマッサージでもするかのようにバスタオルの上から乳房を愛撫し続けると「は~ぁ」と吐息が漏れ出し、硬くしていた身体から少しずつ力が抜けてゆくのがわかった。

ボクはゆっくりと下に手を伸ばしバスタオルの裾から彼女の内股へ手を滑り込ませた。
開きかけた足がきゅっと閉じて内股に滑り込ませた手が挟まれたが、ボクがキスをすると今度は僅かに彼女の唇が開いた。
舌を差し入れると彼女の舌に触れた。
舌を絡めながら唇を吸うと、きゅっと閉じていた足の力が緩んだ。
一気にボクは手を奥へ滑り込ませ目的地へ到着させた。

そこはしっかりと濡れていた。
2人の体温で熱の籠もった掛け布団を剥いで、彼女の身体に巻きついたバスタオルをほどく時にはもう抵抗はされなかった。

ピンと勃起した乳首を口に含み舌でころがしながら、指でぬめったひだを分け入り陰核を愛撫する。

指を中へ入れようとするとイヤイヤをして抵抗した。

正常な女として身体はこんなにも反応しているのに、どうやら挿入時に苦痛を経験した記憶が彼女の心の中に強く残っているようであった。

〈こうなりゃぁ徹底的に愛撫してやれ!〉

両足を開かせ女性自身を舌で愛撫すると彼女の呼吸は荒くなり、女が感じている時の鳴き声を上げはじめた。
たっぷりと30分以上も愛撫を続けたのであるから、そこから先の行為は楽なものであった。

待ち合わせの前にドラッグストアで買っておいたコンドームを装着して、一気に挿入した。

一瞬だけ恭子さんが苦痛を感じるような表情を見せたが、ゆっくりとストロークを始めると快楽に悶える表情に変わった。

ことが終わって帰り支度をする恭子さんが言った。

「私、初めて気持ちええと思うた」

「健康な女性なら誰だってセックスは気持ちいと感じるものだよ。今までに抱かれた男があまりにも下手だったんじゃないの?」

「そうなんかしら……。ねぇ、また会ってくれる? 今度はいつ大阪に来るの?」

こんな感じで月に一度の大阪出張の度に彼女と会っていたのだが……。
彼女が会うたびに変わって行くことにボクは戸惑いを感じた。

服装が派手になり、ある時はバーゲンで買ったと言うブランド物のバックが入った大きな紙袋を下げて現れたりした。

事務で働いていた会社は辞めて、違う仕事をしているとは聞いていたが、子供がいない夫婦共働きとはいえ、普通のOLがそんなに服やバックを買えるのか不思議に思った。

ベッドでも彼女の変化に驚かされることがあった。
最初はフェラチオなんてお義理程度にしかしようとしなかった彼女が、積極的に咥えるようになり、その舌使いが絶妙に男の感じるツボをおさたものに上達していた。

「ダメ、ダメ、それ以上やったらイッちゃうよ」

ボクが止めようとすると俄然激しいストロークでイカせようとする彼女。
遂には耐え切れなくなったボクは彼女の口で射精してしまった。

口の中にある精液をティッシュに出すしぐさや男を口でイカせた征服感に似た彼女の表情を見た時に思った。

〈まさか風俗嬢に?〉

新しい仕事はどんな仕事なのか聞いてみたが、曖昧にはぐらかすだけで彼女は教えてくれなかった。

どうやらボクとのセックスで快楽に目覚めた彼女は、風俗に転職したと思われる。
それに彼女は頻繁に出会い系サイトで知り合った男とも会っているようであった。

ある時、行為が終わった後で彼女がポツリと言った。

「私、ホンマ好きな人ができちゃったみたい」

セックスの後に先程まで自分の腕の中で悶えていた女性にそう言われてもショックではなかった。
俗に言う“セフレ”という割り切りと冷めた気持ちで彼女と毎月会っていた訳ではない。
嫌いではないけど、彼女に対して特別な感情があるという訳ではないのだと、この時に気づいた。

「どんな奴なの?」

「私より2つ年上で、会社をやっている人。私のこと彼も大好きだって言ってるし」

「ふ~ん。その人は結婚してるの?」

「バツイチ」

「じゃぁ、恭子ちゃんも今の旦那さんと離婚して、その人と結婚するの?」

「まだわからへん……」

〈その人は恭子ちゃんが風俗で働いているの知ってるの?〉

と聞こうとしたが、本人が風俗で働いている事を認めていないのだからボクはそれを言葉にしなかった。

そんな恭子さんが「ちょっと変わったラーメンやけど、美味しいのよ」と連れて行ってくれたのが千日前にある“神座”であった。

彼女と“神座”で「おいしいラーメン」を食べた翌月、ボクは次の大阪出張の日程が決まったので彼女にメールで連絡をすると、宛先不明でメールが戻ってきてしまった。
アドレスを変えたのかと思い携帯に電話してみたが……。

「お客様のおかけになった電話は現在使われておりません」
とアナウンスが流れるだけであった。

よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ

第6章 -01

2013.06.29 (Sat)
ママは朝からクルマで何処かへ出かけてしまった。
クルマで出かける時はいつもボクを誘って、ボクを運転手に使うのだが、今日はなぜか何処へ行くとも言わずひとりサッサと出かけてしまった。

ちなみにママのクルマはベンツである。
年式は古く少々ガタのきている感じだが腐ってもベンツである。

ひとり部屋に居てもつまらないので、ボクは都バスで久しぶりに池袋まで出てみることにした。

都バスに乗るといつも感じるのは年寄りが多いことだ。
足腰が弱って歩くのもおぼつかない高齢者にとって都バスは大切な足となっているみたいだ。

横向きに座る優先席には白髪の老婆と頭が禿げたお爺さんに胡麻塩頭の痩せた年配の男性が座っている。
反対側の進行方向へ向かって座る一人掛けの座席も年配の乗客ばかりだ。
バスの後部座席は一段高くなっているので、年寄りには上がるのが億劫なのだろう。

そんな年寄りの乗車率が多い都バスの車内だから、年寄りが年寄りに席を譲る場面を見たのは今までに一度や二度ではない。

今日もボクが乗車した次の停留所で腰がくの字に曲がったお婆さんが杖をついてヨロヨロと乗り込んできた。
すると優先席に座っていた胡麻塩頭の痩せた年配の男性が立ち上がってそのお婆さんに席を譲った。

「どうぞ座ってください」

「すぐに降りますから大丈夫ですよ」

「いいから、いいから、どうぞ座ってください。ボクの方がまだ若いですから」

「でも、すぐに降りますから……」

「まだ74ですから、私の方が若いですから」

「悪いわねぇ。ありがとうございます」

70代の年寄りが、明らかにそれ以上の年寄りと思われる女性に席を譲る光景をまた見てしまった。
だからボクは席が空いても決して座らないことに決めている。
池袋まで30分以上も揺れるバスの中で立っているのは少々辛いが仕方ない。

バスの車内は冷房が効いていたが、終点の池袋に到着してバスを降りると街はムワっとした熱気に包まれていた。
梅雨も明けて本格的な夏がやって来たのだ。
ボクは人通りの多いサンシャイン通りへ向かった。

平日の昼間だというのにこの通りはいつも人が多い。
大学生なのかフリーターなのかよくはわからないが若者の姿が目立つ人ごみを進んだ。

サンシャイン60へ向かう大通りの手前で路地を左に曲がると“神座”がある。
神座と書いて“かむくら”と読ませる。
本店は大阪の道頓堀にあるラーメンチェーンだ。

券売機で食券を買ってカウンターに座って待つことしばし。
目の前に登場したのは店の定番「おいしいラーメン」だ。
スープは塩味だがトロミがある。
それとたっぷりと入った白菜と薄いが大きめのチャーシューが特徴だ。

よろしかったらクリックお願いします。
air_rank_ショウセツ

戻る もくじ 次へ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。