FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

第4章 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4章 -03

2013.06.25 (Tue)
安田記念は東スポでも推している単勝2.2倍の⑧アパパネを軸にすることにした。

前日の土曜日にネットバンクに2,000円を入金して、手数料を引かれた1,800円で京都の最終12Rを3連複で買ったら的中して、8,200円の払い戻になったので、3連単マルチで配当高めを82点をネットのPATで買った。

結果は9番人気の3歳馬⑭リアルインパクトが勝って、2着に5番人気の①ストロングリターンで馬単25,810円。3連単は335,600円の高配当と荒れた。

勝った⑭リアルインパクトに騎乗した戸崎圭太はGⅠ初勝利となった。

人気を負った⑧アパパネは直線で伸びず6着に敗れた。

敗れたアパパネの蛯名ジョッキーが着た黄色と黒の楔形模様に腕の部分が青の勝負服を見るとボクは7冠馬ディープインパクトを思い出す。

6年前、当時30歳だったボクは新宿の四谷若葉にある小物雑貨のメーカーで働いていた。オリジナルキャラクターの携帯ストラップや液晶クリーナーなどを製造・販売する会社だ。

町田の医療機器組み立て工場のアルバイトを辞めたボクは浅草橋にある雑貨卸の会社に就職した。
その会社ではこの小物雑貨を製造するメーカーの商品も取り扱っていた。

問屋業とは製造するメーカーと小売店の橋渡しをするような業務であり、時には小売店からの商品に関する要望や改善案などを聞くことがある。
そんな小売店から聞いた話を製造元のメーカーに伝えたところ「ウチの会社に来ないか」と誘われ転職したのであった。

20名ほどの小さな会社でボクは営業と製造工程の管理を任されていた。

ある時、新商品の表示価格に印刷ミスがあり発注した印刷工場へ刷り直しをさせる事故が起きた。

発注した原稿では税込み表記であったものが、仕上がってみればなぜか税別表記で印刷されてしまったのだ。
校正刷りで見落としてしいたボクの責任でもあるが、上司は発注した原稿が間違っていないのだから印刷工場に無償で刷り直しをさせろと言って聞かない。

発注した印刷工場はボクが高校を卒業して最初に就職した早稲田にある印刷ブローカーの会社で下請けとして使っていた小さな印刷工場であった。

「ちゃんと確認の為にわざわざ校正を出しているんだから、ちゃんと見て確認してくれないと困るよ。紙代だけでも三十六万円はかかるんだからさぁ」

自分がちゃんと確認をしていれば防げた事故であると思うと責任を感じずにはいられなかったが、そんな製造工程のやり取りを理解する上司ではなかったので刷り直しの請求を会社が受け取るはずもなく、板ばさみになったボクはただただ印刷工場の社長へ頭を下げて無償での刷り直しをお願いした。

「しょうがないなぁ。君とは長い付き合いだから今回だけはウチがかぶるよ」

刷り直しに掛かる紙代の36万円だけでもせめて弁済しようとボクは思った。
しかし、貯金などまったくないボクには36万円ものお金を工面する手段がなかった。
そこで思いついたのが競馬であった。

6年前のボクはまったく競馬などに興味のない人間であった。
日曜日に何気なく付けたテレビが競馬中継を放送していた。
メインレースの払い戻しが映し出されると単勝が160円と1番人気で決まったのに3連単は8万円ほど着いていた。

その他のレースの払い戻しに切り替わると、3連単の払い戻し金額が20数万円であった。

〈競馬で当てれば印刷会社の社長に弁済できるかも知れない……〉

そう思ったボクは翌週の日曜日からスポーツ新聞の馬柱と睨めっこしてメインレースの3連単を買い始めた。1着になると目星を付けた馬を2頭に絞り、その3連単で36万円の配当になる買い目を選んでみたが、どれも穴馬券ばかりだ。

そこで700倍以上のオッズを5枚、900倍以上のオッズを4枚と的中した時の払い戻しが36万になる様に買うことにした。

正確なオッズを取る為にネットバンクに口座を作って、PAT会員にも登録した。
オッズ順に並べ替える為にノートパソコンでエクセルを使った。

PATで馬券を買うことも出来たが、ボクが現金を持参しても受け取らないと思ったので、的中馬券を持ってあの印刷工場の社長へ渡す為に、部屋でマークシートをシコシコと記入して、場外馬券売り場で馬券を購入した。

予算は1回に15,000円。
それがボクに工面できる最大の金額だった。

最初の日曜日はカスリもせずにあっさりとはずれた。
翌週の日曜日は1着になると目星を付けた馬が見事にハナでゴールしたがガッチガチの本線で2着3着も決着し、安い配当で終わった。

まったく今まで興味のなかった競馬に2週で3万も使ってしまい、3週目の日曜日に15,000円を使ってしまえば給料日まで毎日カップラーメンか何かで過ごす覚悟をしなければならない状況であった。

しかも25日の給料日は月曜日だから、次の日曜日には馬券を買う金はもう無い。

3度目の正直とばかりに挑んだレースが第65回皐月賞であった。

何度も言う様だが当時のボクはまったくの競馬初心者であった。
馬柱を見て距離ごとに1番早いタイムにマーカーを塗ったり、上がり3ハロンのタイムが33秒台だけにマーカーを塗ったりしていた。

デビューから3連勝のその馬がどれほど凄いのかもまったく知らず、馬柱がマーカーで染まったので、その馬を軸にして3連単のオッズをいつもの様にエクセルでソートして、的中した時の払い戻しが36万円を超えるように馬券を買った。

 2005年4月17日(日)
 第65回皐月賞(GⅠ)
 一着 ⑭ディープインパクト
 二着 ⑩シックスセンス
 三着 ⑯アドマイヤジャパン
 ⑭-⑩-⑯ 三連単 70,780円

⑭-⑩-⑯の3連単馬券を5枚買っていたので353,900円になった。
財布の中には千円札が5枚と僅かの小銭だけになったボクはすぐにでも馬券を払い戻したい衝動に駆られたが、迷惑をかけた印刷工場の社長へ弁済する為に買った馬券である。
36万円には僅かばかり足りないが、この的中馬券を刷り直しの為に余分に掛かった紙代に充ててもらおうと思い翌日ボクは印刷工場の社長のもとへ向かった。

「何これ?」

「馬券です。昨日の競馬で的中した馬券です。払い戻すと35万ほどになります。ご迷惑をかけてしまったのでせめて紙代だけでもと思って……」

「これ獲るまでいくら使った?」

「…………」

「君の気持ちだけで十分だよ」

印刷工場の社長は的中馬券を受け取ろうとはせず。ガシャガシャと音を立てる印刷機の回る工場の奥へ行ってしまった。
(第5章へつづく)


よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

第4章 -02

2013.06.24 (Mon)
明日香さんの欠員を補充すべく翌朝からママは方々に携帯をかけまくり、店が開店する19時には新しいヘルプの女性が店にやってきた。

「ショウ君、留美ちゃん。今日からヘルプで働いてもらうミミちゃんよ」

「ミミです。よろしくお願いします」

ボクたちに挨拶したその女性は、可愛い名前だが明らかに五十代と思われる熟女であった。

ショートヘアーで瞳が大きく、小柄で派手な印象の美熟女である。
芸能人で言うと浅丘ルリ子みたいな感じでママとは違ったチャーミングな色気がある。

ママの予想は見事に的中した。

昨日の暇だったことが嘘のようにお店は客が途切れることなく忙しかった。
土曜日ということもあり大方は地元の常連客だが、杉本部長さんも部下の青年を連れて飲みに来た。

連れの青年が注文した鳥の唐揚げを二人が座るカウンターに出しながらボクは杉本部長に話しかけた。

「部長さん、土曜日なのに今日はお仕事だったのですか」

「そうなんだよ。こいつがヘマやって取引先に急遽納入しなきゃならないことになって大変だったよ」

「申し訳ありませんでした」

20代半ばと思われる部下の青年が杉本部長に頭を下げたが、それほどへこんでいる様子もなく、鳥の唐揚げをつまみ口の中に放り込んだ。

留美ちゃんが杉本部長の空になったグラスを取り上げ言った。

「部長はレモンサワーでいいよね。あなたは同じものでいいのかしら」

「はい、自分もレモンサワーです」

先週、バーコード頭に一文字のゲジゲジ眉毛の杉本部長が帰ったすぐ後に上がった留美ちゃんは中華料理屋の福龍で一緒に二人が話していた餃子を食べたのだろうか? 

その後ホテルに行ったのかボクにはわからないが、何事もなかった様子で振舞う二人に少し卑猥なものを感じた。

「お名前は? 何さんですか」

レモンサワーを出しながら部下の青年に留美ちゃんが聞いた。

「岡田です」

「わたしルミです。金曜と土曜だけここで働いています。よろしくお願いします」

身体の関係があると思われるコンパニオンと客に、その関係を知らない会社の部下という妙な構図だと思いながら、ボクは奥のボックス席で客にビールを注いでいるミミちゃんを見た。
初日なのにまるで何年も前からこの店で働いている様な馴染み具合だ。

客との会話までは聞き取れないが、何やら下品な下ネタを話しているようで客の中年男性が大声で笑いながらミミちゃんのノースリーブから出た細い二の腕にボディータッチを繰り返している。
だがミミちゃんは水商売の経験が長いようで客あしらいも上手だ。

そんなミミちゃんの様子を見ているとボクは別の方向からボクを見る強い視線を感じた。

客とカラオケでデュエットを歌っているママの視線であった。

その夜はヘルプのミミちゃんが入ってくれたことで、客もさばけて助かった。

店が暇な日は何か消化不良な感じで気持ちばかり疲れてしまうが、忙しかった日は店が終わるとホッとすると共に達成感を感じられる。

新しく入ったミミちゃんも店の中を賑やかにしてくれそうな存在なので来週の週末も楽しみだとボクは思った。

だが店が忙しいと自分のアパートへ帰るのが億劫になってしまう。
その夜も店から10分のママのマンションへ帰り、いつものようにママと一緒に風呂に入り、互いの背中を洗いっこした。

風呂上りにビールでお疲れの乾杯をしてボクたちはセミダブルのベッドで抱き合った。

キスをしながら互いの性器をまさぐり合い、反応が出てきたら交互に体を入れ替えシックスナインで互いの性器を舌で愛撫しあう。

還暦を過ぎたママの愛液は若い娘のそれと違い粘度はなくサラサラしている。

たっぷり15分ほど相互愛撫を楽しみ正常位からボクはママの中に挿入した。
仰向けに上を向いた状態のママは重力で頬の弛みが伸びて15歳は若返った表情になる。

15年前のママの事をボクは知らないが、きっとこんな顔だったのだろうと想像しながらママの中に奥深く入れながらキスをした。

ママは下から腰を動かし、中の一番感じる部分にボクのカリが当たるようにこすり付けてくる。
眉間に皴を寄せ3度目に昇天した瞬間に合わせてボクもママの中に放出した。

ボクとママは行為が終わっても硬度を保ったままのボク自身を入れたままおしゃべりをした。

「ねぇ。ミミちゃんてどう思う?」

「え、どうって…」

咄嗟に聞かれてボクは意味を理解できていなかった。続くと思うか? と聞かれたのかと思っていると。

「あんたミミのことずっと見ていたじゃない」

「……………」

「手を出したショウチしないよ!」と言って尻の下から伸ばした手でギュッと玉を握られた。ボクが好意の目でミミちゃんを見ていたことをママは気づいていたようだ。



よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ 次へ

第4章 -01

2013.06.23 (Sun)
週末にヘルプでお店に入ってもらっているコンパニオンの明日香さんが失踪したという噂が飛び込んできたのは水曜日だった。

常連の客である蕎麦屋の大旦那・木村さんが何時ものようにビールを飲みに来た時に言っていた。
この蕎麦屋の大旦那・木村さんは町内の情報に精通した老人だ。

店は息子さんに任せているものの毎朝打ちあがったそばとつゆの味見は欠かさないそうだ。しかし、それが済んでしまえば町内をぶらぶらしている様子で、商店や町内の人間との立ち話による情報収集能力は侮れない。

木村さんの情報によると、パチンコ好きの明日香さんがタチの悪い筋から金を借りて返せなくなり失踪したのではないかとの噂だ。

果たして金曜日の今夜、明日香さんは出勤してくるのだろうかと思いながらボクは店で開店の準備をしていた。

開店時間の5分前。
胸元が広く開いた黒いワンピースを着た留美ちゃんは出勤してきたが、明日香さんはお店に出勤して来なかった。

携帯電話も電源が切られている様子で「お客様のおかけになった電話番号は電波の届かない場所か電源が……」というアナウスが流れるだけであった。

その日は金曜日だと言うのに暇な夜だった。
木村さんが帰ったあとにママのスナック「幸子」のドアを開けたのは二人だけであった。

23時半を過ぎると店の中はママとバーテン見習いのボクと留美ちゃんだけになってしまった。

ママは厨房で冷蔵庫の中の整理を始めた。
店で出すフードの類はだいたいがレトルト食品だ。

鳥の唐揚げもフライドポテトも、スペアリブやシュウマイなどなど。その殆どがレンジで温め皿に盛るだけのものだ。
付け合せのサニーレタスやプチトマトなどはスーパーで購入している。

これら業務用のレトルト食品を取り扱っている業者のカタログを見るとカレーの種類が多いことに驚く。

ビーフカレーにポークカレー、チキンカレーは当たりまえ。
赤カレーに黒カレー、キーマカレーや欧風カレーに白カレーまである。

カレーをフードメニューに加えたらどうかとママに提案したことがあるが、あっさりと却下された。
理由は炊いたご飯が余ったら毎日、自分たちは残り物の白米を食べることになるからだそうだ。

ソース焼きそばだけはレトルト食品があまりにもまずかったのでボクが調理して出している。

カウンターのスツールに腰かけ携帯で誰かとメールしていた留美ちゃんが、厨房にいるママの元に行って何か耳元で話し始めた。

「いいわよ。お疲れさま」

厨房から出てきた留美ちゃんがボクに「お先に失礼します」とペコリと頭を下げて店のドアから出て行った。

余りにも暇なので何かしら言い訳をして早上がりをしたのだろう。留美ちゃんが帰った後にママが言った。

「どうせ男と会うならウチの店に呼んで、飲んでからホテルでもどこでも行けばいいのに!」

やはりお客さんとホテルに行っていることをママも気付いていたようだ。何年も水商売で生きてきた人ですから……。

12時を過ぎても誰も店のドアを開けないので、いつもより早めに店を閉めた。
計算するほどの売上ではないのに、ママはいつものようにカウンターで電卓を叩きながら言った。

「木村さんの話が本当なら明日香はもう来ないかもね」

「………」

「困ったわ。明日は何だか忙しくなりそうだから誰かピンチヒッターでもいいから手伝ってくれる人を探さなくちゃ」

「明日も今夜みたいに暇なんじゃないの?」

「暇だった次の日は忙しくなることが多いのよ」



よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。