FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

第2章 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2章 -04

2013.06.15 (Sat)
今年の正月が明けた三回目の日曜日。
京成杯で3連単15万馬券を当てた時に舞いあがったボクはママと大喜びして散財した苦い経験があるからだ。

「見て、見て、ママ。15万馬券だよ!」

「え、どれ?」

ボクは50インチの液晶テレビの画面に映し出された3連単の配当金額を指差した。
そこには②-⑩-⑤156,000円と表示されていた。

「アタシを驚かそうとしてるでしょ? そんなの当たる訳ないじゃない」

ママは笑いながら信じていない様子であった。
ボクはむきになってパソコンを立ち上げJRAのPATにログインした。
そこには156,000円の払い戻し金額が既に入金されていた。

「あら、やだ。ショウちゃん凄いじゃない。これ本当なの? ウチのお店の一日の売上より多いじゃない」

「エヘヘヘヘ」

「今夜はショウちゃんの奢りで何か美味しいものを食べに行きたいわ」

ママが甘えた声で鼻を鳴らした。

「よ~し。旨いもんを食いに行こう!」

ママは寝室にある鏡台の前で化粧を始めた。
小さなボトルに入った化粧下地の液体をパフに染み込ませ、パタパタと顔を叩き、次にYとSとLのアルファベットが重なったロゴのコンパクトを開きファンデーションの粉を顔に塗り始めた。
そばで見ていたボクの鼻さきにデパートの化粧品売り場のような匂いが届いてきた。

大抵の男は女性化粧品の匂いが嫌いだと言うが、ボクはこの匂いが結構好きだ。

遠い記憶の中では、小学生の頃に授業参観やPTAの会合などで母親たちが学校に詰めかけると化粧品の匂いが教室の中に充満して、気持ちがそわそわしたことを覚えている。

まだ精通もない幼い頃であったが、体の中が熱くなる性的興奮に目覚めていたのかも知れない。

ボクはママのスウェットの首元から手を入れて、小粒の乳首をコリコリと揉んだ。

「だめよ。ショウちゃん。出かけるの遅くなっちゃうでしょ。それに腕にファンデーションが付いちゃうじゃない」

ママは笑いならが身体をよじった。

ボクとママはすっかり日の暮れた街にくりだした。
マンションから歩いて5分ほどのスーパーに併設されたショッピングモールに着くと、まずはATMで払い戻しの156,000円をおろして、二つ折りの財布に仕舞った。
奥行きが200メートルはあると思われるショッピングモールには1階から3階までに100店舗ちかい店がテナントで入っている。

「ショウちゃん。これ素敵だと思わない?」

ママがジュエリーショップの前で足を止めショウケースの中にあるネックレスを指差した。
シルバーのワイヤーにダイヤモンドと思われる透明に光る複雑に表面をカットされた石がぶら下がっている。

「よろしかったらお付けになってみますか?」

いつの間に近づいてきたのか。
黒いワンピースを着た女性店員が話しかけてきた。

「じゃあ、ちょっと見せていただこうかしら」

女性店員がショウケースの鍵を開け、ダイヤモンドの付いたネックレスを取り出し、ママの首にかけた。

「どうかしら? 似合う?」

「………」

ボクは店員がショウケースから取り出す時に25万円と書かれた値札を見て言葉にならなかった。

「凄くお似合いですよ」

ママはボクの方を見て「どうしよう?」と問いかけている。
ボクは言った。

「値段が高すぎるよ」

すっかり値段の事を気にしていなかったママも値札をみて驚いたようだ。

「あら、本当だわ」

そこへ透かさず店員が食い下がる。

「ネックレスをお探しでしたら、こちらにもう少しお手ごろなものもございます。どうぞご覧になってください」

店員にうながされママは店の中にあるネックレスを物色しはじめた。
30分ほどネックレスを付け替えては外し、その度に鏡を覗き込み、一番気に入ったトルコ石のネックレスを首にかけてボクの前に立つと。

「どう? お手ごろなの見つけちゃった」

値札をボクの前にひらひらと振りながら、悪戯っぽく笑う。38,000円。
先ほどの25万円から比べれば遥かに安い。
馬券も当たり気分も良く気持ちが大きくなっていいたのだろう。
そのトルコ石のネックレスをママに買ってあげた。

次に立ち寄ったブティックでもシックなグレーのツイードスーツを試着したママが素敵だと思ったから、迷わず買ってあげることにした。

3階のフードフロアに上がるまで寄り道をしたので、飲食店が一番混む夕飯時にさしかっていた。
どの店も入店待ちをする客の列が出来ていた。
リーズナブルな料理を出す店ほどその列は長い。
すしの店と天ぷらの店は他の店と比べて高いからか、客の列がない。

ボクたちは天ぷらの店に入って食事をすることにした。
店に入るとすんなりテーブル席に通された。
食欲をそそるゴマ油の香りが店の中に漂っている。
店のメニューで一番高い天ぷら懐石と冷酒を注文した。

ママは運ばれてきた冷酒を飲んで顔をほころばせた。

食事を済ませツイードスーツの入った大きな紙袋とトルコ石のネックレスが入った小さな紙袋を下げてマンションに帰ってきたのは夜の10時を過ぎていた。

久しぶりに競馬が当たり、気持ちが舞い上がってしまったようでほんの数時間で散財してしまった。

財布の中を開くと1万円札が6枚と5千円札が1枚に千円札が3枚に減っていた。

ママにトルコ石のネックレスやツイードスーツを買ってあげたことは後悔していない。
だが、そう度々馬券が取れる訳ではないので、当たった度に散財していては収支はプラスにならないのだ。

ちなみにボクがママの店で働いて貰うひと月の給与は手取りで185,000円だ。
きっと時給換算にすれば800から900円程度だろう。
(第3章へつづく)

よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

第2章 -03

2013.06.14 (Fri)
ママとリビングで焼きそばを食べながらテレビの競馬中継を観た。
パドックから地下馬道を通って馬たちが本馬場入場するシーンが映し出されていた。

「馬券買ったの?」

「うん。少しだけ……」

先日荒尾競馬のLOTOで当たった金は美智子さんとのデートと、翌日の中央競馬Win5に、それと平日に開催される南関4場の公営競馬であらかた溶けていた。

高校を卒業して18から幾つかの会社に転職しながらサラリーマンとして働いた頃は自分の将来に夢を持っていたが、所詮高卒で働く会社に夢や希望を託すのには限界があることを32歳の時に知った。

少し頭を冷やそうと派遣の仕事で働き始めると今度はリーマンショックで派遣切りになり、今では仕事にエネルギーを注いで何かを掴むより馬券に賭けることに夢中になっていた。

ファンファーレが鳴り、係員によって各馬がゲートに誘導され始めた。
ゲートが開き各馬が一斉に走り出す。

③オールアズワンがハナを切ったが“追い込み指数”が低いので4コーナーを回ったころには馬群に沈むことは予想済みだ。

⑤オルフェーヴルは中団よりやや後ろからの競馬になった。
4コーナーを回り直線を向いたところから馬群を抜け出し⑤オルフェーヴルが①ウインバリアシオンを一馬身以上引き離し見事一着になった。

 2011年5月29日(日)
 第78回東京優駿(GⅠ)
 一着 ⑤オルフェーヴル
 二着 ①ウインバリアシオン
 三着 ⑦ベルシャザール
 ⑤-①-⑦ 三連単 100,300円

「どうなのショウちゃん。当たったの?」

「残念。取れなかったよ」

ボクは嘘をついた。

⑤オルフェーヴルを軸に3連単で500倍以上の馬券を買ったので的中していることは間違いない。

ノートパソコンを開いてPATに配当の100,300円が払い戻されていることを確認したかったが、それを我慢した。

よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ 次へ

第2章 -02

2013.06.13 (Thu)
ママが寝室からTシャツ姿で起きてきた。
Tシャツの裾からショッキングピンクのパンティーがわずかに見える。
店がお休みの日曜日はゴルフの約束でもないかぎり昼過ぎまで寝ている。
さすがに還暦を過ぎているので1週間の疲れが溜まるのだろう。

壁に掛けた時計は2時25分を差していた。
レースの発送まで約1時間ある。
ボクはノートパソコンを閉じて遅い昼飯を作ることにした。

玉ねぎを刻み、ピーマンも中の種を取って細切りにする。
人参はピーラーで皮を剥き、食べ安くさいの目に切った。
冷蔵庫から徳用サイズのウインナーを10本取り出し、適当な大きさに切り分ける。フライパンに油を適量に引きガスレンジを点火する。

「今日のお昼ご飯は何かしら?」

ママがキッチンを覗き込んで言った。

「焼きそばです」

「ショウちゃんは料理が上手だから助かるわ」

料理の勉強をした経験はないが高校時代には飲食店でアルバイトをしていたので包丁の使い方はいつのまにか身についた。
まかない飯を任されるようになり塩加減など味付けも自然と覚えた。

熱したフライパンの中に刻んだ野菜とウインナーを入れ炒める。
ジュッと水分の蒸発する音と共に玉ねぎの焼けるいい匂いが立ち登ったところでフライパンの火を弱火にする。

ママのマンションのキッチンはガスコンロの火口が3つある。
炒めた野菜のフライパンとは別にもうひとつフライパンを取り出し油を引いて熱する。

冷蔵庫の野菜室からキャベツを取り出し、ザク切りにする。
それを油に火が通ったフライパンに投入する。
ザーッとキャベツの表面にある水分が蒸発する音がする。
ボクはフライパンを揺すってキャベツが焦げるのを防ぐ。
キャベツはあまり火を通し過ぎるとしんなりとしてしまって食感が悪い。

適度にキャベツの歯ごたえが残るところで先ほど玉ねぎやウインナーを炒めたフライパンにキャベツを合流させる。もちろんフライパンの火は弱火にしたままだ。

キャベツを移して空いたフライパンに三食一袋の徳用焼きそばを袋から出してフライパンに投下し、素早く軽量カップに注いだ水を入れて焼きそばがフライパンにへばり付くのを防ぐ。
ここでモタモタしているとフライパンにそばがへばり付いて大変な事になってしまうのだ。

焼きそばに火が通ったところで三食一袋の徳用焼きそばに付いている粉末ソースを一袋だけ破いてそばにソースをからめる。
黄色いそばにソースがからみ褐色に変化する。

次に弱火で熱していた野菜を焼きそばの入ったフライパンに合流させ、残り二袋の粉末ソースも投下してそばと野菜を混ぜながら粉末ソースをからめる。
フライパンから食欲をそそるソースの香りが立ち登り完成だ。

皿に焼きそばを盛って、冷蔵庫から紅しょうがのタッパを取り出し、てっぺんに盛れば出来上がり♪

「あら、美味しそう」

よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ 次へ

第2章 -01

2013.06.12 (Wed)
競馬新聞は東スポと決めている。
130円で芸能ネタからエロいアダルト情報まで載ってるし、週末には中央競馬全レースの馬柱までを網羅しているのだからコストパフォーマンスが高いのだ。

でもボクは競馬記者の予想や厩舎コメントは読まない。
見るのは調教ラップぐらいだ。

予想はノートパソコンの表計算ソフトを使って予想するのだ。
ヤフースポーツの出走表から近6走のラップタイムや4コーナーでの順位と着順の差を平均化したり、斤量と上がり3ハロンのラップを平均化したものを表計算ソフトのエクセルに入力し、それをソートして早い順に色を付ける。

縦軸に馬番、横軸には馬名、斤量、過去の走破タイムを距離別に入力する為に距離のセルをいくつか作る。

今日は3歳牡馬の重賞レース“東京優駿”通称日本ダービーが府中の東京競馬場で行われる。
日本ダービーとは3歳牡馬の1番強い馬を決めるレースだ。
どの競走馬も一生に一度しか出るチャンスはない。
また騎手にとってもこのレースを制すれば“ダービージョッキー”と呼ばれるようになる由緒あるレースだ。

そんな日本ダービーは距離が2,400メートルだが、まだその距離を経験した馬は少ない。
だから1,600メートル、1,800メートル、2,000メートルと2,200メートル、2,400メートルの5つの距離別での走破タイムを比較する。

走破タイムが他の馬より速いからといって1着が多いとも限らない。
ハイペースな流れのレースで走破タイムは速くても5着だったとかタイムが良くても勝ちきれない馬もいるのだ。
競馬とはそんなに単純なものではない。
レースの上手い馬と下手な馬という違いなのだろうか。

だから入着順位をポイント化した数値もエクセルに入力する。
18頭立てのレースで1着なら18ポイント。
16頭立てのレースで1着なら16ポイント。
2着なら18頭立ての場合は17ポイント、16頭立てでは15ポイント。
つまり出走頭数に対して1着でゴールしたら頭数の数をポイントとする。
2着ならば頭数マイナス1、3着なら頭数マイナス2をポイントとする。
掲示板に載る5着までをポイント加算する。
これをボクが予想対象とする近6走から拾い合計する。

この着順ポイント加算方式だと近6走に5着以内の着順がないとポイントはゼロとなる。
着順での評価点が無い馬をどう判断するか?

そこで次に4コーナーからゴールまでの順位差をポイントとして拾う。
4コーナーでの順位が10番目でゴールした着順が6着なら10引く6で4ポイントとする。
逆に4コーナーでの順位が6番目でゴールした着順が10着なら6引く10でマイナス4ポイントだ。
これも予想対象とする近6走の合計ポイントを“追い込み指数”としてエクセルに入力する。

それと忘れてならないのが上がり3ハロンの近6走の平均値だ。
ハイペースなレースもあれば逆にスローペースになるレースもある。
上がり3ハロンが速い馬が必ずしも勝つとは限らないがボクは上がり3ハロンを重視する。

18頭のデータ入力を終えたら、横軸のそれぞれの項目ごとにソートする。
それぞれに1番早い走破タイムや高いポイントに“ピンク”。
2番目には“オレンジ”、それに続くもの複数に“イエロー”と色付けをする。

1,600メートルで1番早い走破タイム⑥クレスコグランドの1分32.4にピンク。
次に早い⑫エーシンジャッカルの1分33.1にオレンジ。
1分34.2までの3頭にイエローを付けた。

1,800メートルで1番早い走破タイムは⑤オルフェーヴルだ。
2,000メートルと2,200メートルで共に一番早い走破タイムを出しているのは⑰ユニバーサルバンク。
着順ポイントが1番高得点なのは②サダムパテックだ。

着順ポイントの高い②サダムパテックにするか、2,400メートルの青葉賞で勝っている①ウインバリアシオンを軸にするか?
或いは⑰ユニバーサルバンクは2,000メートルと2,200メートルで共に1番早い走破タイムを出しているが着順ポイントが低いので軸にするには心もとない。

迷った挙句、皐月賞に続きGⅠ2勝が懸かっている⑤オルフェーヴルを軸に3連単マルチで、着順ポイントが低く上がり3ハロンの平均が2番目に遅い③オールアズワンと“追い込み指数”が低い④リベルタス、⑬ロッカヴェラーノ。
1,600メートル以上のレース経験がなく単勝オッズも100倍以上の⑫エーシンジャッカルなど4頭を切って、500倍以上の37点の馬券をネットのPATで買った。

JRAのPATはマルチ馬券の組み合わせをオッズ順位に並べ替えて選択買いが出来るので便利だ。
これが南関四場のSPAT4だとそうはいかない。
だが、人気順位やオッズ順位などの検索は南関四場のサイトの方が優れている。
なぜならばJRAのPATでは人気順位は300位までしか表示されない。

よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。