FC2ブログ
アクセスランキング

スナック・ママとバーテン見習いボクの同棲生活

オリジナル小説です。

第1章 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1章 -06

2013.06.11 (Tue)
気分を切り替えて夕飯の買い物にマンションから歩いて5分ほどの場所にある大手流通チェーンの複合スーパーへ向かった。
フリースで一世を風靡したファストファッションの店舗をはじめ大小様々な店で構成されたショッピングモールと映画館も併設された大きな建物だ。

日曜日の午後ということもあり家族連れの客が多い。
1階のスーパー入り口でショッピングカートに買い物カゴを乗せて食品売り場で挽き肉と玉ねぎとニンジン、それに付け合せのキャベツとトマトをカゴに入れた。

ほぼ毎週買い物に来ているので、店内のレイアウトが頭の中に入っているから買い物は早い。
牛乳と卵は冷蔵庫にあることを出かける前に確認済だ。

買い物から戻ると、玉ねぎとニンジン少々をみじん切りにして、プラスチックのボウルの中に入れる。
そこへ先ほどスーパーで買ってきた牛と豚の合い挽き肉も入れ、生卵を一つ割って落とす。
次に計量カップにすり切り一杯にパン粉を入れてパン粉がこぼれないように静かに牛乳を注ぐ。
牛乳の浸ったパン粉も野菜と挽き肉の入ったボウルの中へ投入し、計量カップにへばり付いたパン粉を少量の白ワインで落としボウルに注ぐ。
塩コショウとソースにケチャップを適量に入れてボウルの中身を混ぜ合わせる。
ねばりが出るまでひたすら混ぜる。

フライパンに油を引きハンバーグを焼き始めた。
中火でフライパンに蓋をしてキッチンタイマーを4分にセットした。

その合間にキャベツをスライサーで千切りにして、トマトを四つ切りにして皿に盛った。

キッチンタイマーがピピピッと鳴り出し四分が経過したことを知らせるとボクはフライ返しでハンバークを裏返しにする。
ジュ~ッと音がして肉が焼ける旨そうな匂いが立ち登る。

炊飯器のご飯も炊きあがり、ハンバーグが焼けた頃には日が暮れていたが、ママは帰ってこなかった。
朝7時に出て行って既に12時間以上が過ぎている。

どこのゴルフ場に行ったのか知らないし。ボクはゴルフをやったことがないので果たして朝から18ホールを回るのにどのぐらいの時間がかかるのか知らない。

最初にママと同棲生活と書いたが、実は店から30分、ママのマンションから20分の場所にボクはアパートを借りている。

築39年の木造アパート。
間取りは六畳と四畳半の二間に猫の額ほどのキッチンと和式のトイレ。
風呂はない。
家賃は3,7000円だ。

ママと身体の関係ができたきっかけはボクが風呂なしのアパートに住んでいることを知り、ママが風呂に入ってゆくように勧めてくれ自分のマンションに招きいれてくれた夜からだ。

今では週の半分以上はママのマンションで寝泊りしているが、3日に1回はアパートに帰っている。
今夜はママが帰ってきたらアパートに戻ろうと思っていたが帰ってこないのである。

夜の8時を過ぎたので冷めかけたハンバーグを一人で食べた。

食器を洗って片付け、皿に盛ったママの分のハンバーグにラップをかけて冷蔵庫に仕舞った。

“夕飯に作ったハンバーグが冷蔵庫に入っています”

書置きをしてアパートに帰ろうとした時にママが帰ってきた。

「ショウちゃん。ただいま~ぁ」

ママはどさりとゴルフバックを玄関に置いて上機嫌でリビングに入ってきた。
ピンクのカットソーと白いパンツのゴルフウェアでサンバイザーと大き目のサングラス。
今朝は目を閉じたままママを見送ったのでどんな服装で出かけたのか見なかった。

「お帰りなさい」

「もう久しぶりのゴルフで疲れちゃった。はい、これお土産」

目の前に差し出されたのは折り詰めの鮨だった。
夕飯にハンバーグを作ったことも、書置きをしてアパートに帰ろうとしていたことも話す前に……。

「今夜も泊まっていくんでしょ」
と首に腕を回されキスをされた。
ママの息は酒臭かった。
(第2章へつづく)

よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ 次へ
スポンサーサイト

第1章 -05

2013.06.10 (Mon)
「ショウちゃん。ママ、ゴルフに行ってくるからね。お洗濯お願いね」

日曜の朝7時にママに起こされた。

「うん。わかった。気をつけていってらっしゃい」

ボクは目を閉じたままママを見送った。
美智子さんの豊かな胸に顔を埋め勃起した乳首を吸っている夢を見ていた。

昨日は昼前に美智子さんと待ち合わせして一緒にランチを食べて、ラブホテルに行った。バスタブに湯が溜まるまでベッドでキスをしながらお互いの感じる部分を触り合い愛撫を楽しんだ。

ジョボジョボとバスタブに湯が注がれる音が止まり、湯が溜まるとボクたちは一緒に風呂に入った。
シャボンの泡で互いに性器を洗いっこする。
ボクのペニスは勃起しているし、彼女のアソコも愛液でぬめっていた。
シャボンを流しバスタブの淵に腰掛け、ボクは勃起したペニスをしゃぶらせた。
喉の奥までストロークするディープスロートだ。

ベッドでは「子供が出来ない身体」だから、そのまま入れてと言う美智子さん。
若い時に知らなかった性の快楽を若いときの分まで取り戻そうとするかの様に貪欲に求めてくる。

そんなに貪欲になっても、ただのセックスだから得るものなんてないんじゃないのかなぁ。とボクは思った。

ラブホテルを出るまでの三時間で二回交わった。

そんな昨日の事を思い出しながらボクは昼過ぎに起きて洗濯機を回し、冷蔵庫の中の残り物で適当に昼飯を作って食べた。
脱水の終わった洗濯ものをベランダに干す。
ママの赤いTバックとボクのBVDのブリーフも干した。
マンションの10階だから下着泥棒の心配はない。

ノートパソコンを立ち上げ中央競馬のWin5に投票する事にした。
Win5とは当日のメインレースを含む5レースの1着馬を全て当てる投票方法だ。
今年の四月から始まって早くも500万円以上の配当が飛び出している。
ちなみに最高配当額は2億円だ。

昨日、美智子さんとラブホテルを出た後に店に入る途中で買った東スポの競馬欄を見ながらWin5を48点買った。

最初の京都10Rは1番人気のエアラフォンで決まりWin1は通過したが、2レース目の東京10Rで5番人気の馬が1着になりボクのWin5は終わってしまった。

よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ 次へ

第1章 -04

2013.06.09 (Sun)
8時を過ぎたころから店は混みだし、カウンターは常連さんで一杯になり、ボックス席ではサラリーマンのグループが留美ちゃんに酒を飲ませ一緒にカラオケを歌い始めた。

昼間にネットで荒尾競馬のLOTOに投票していたのをボクはすっかり忘れていた。

LOTOとは後半の5レース全部の1着を当てる投票方法だ。
携帯で公営競馬の投票サイトにアクセスして確認すると見事に的中していた。
24点、2,400円を投下して配当が45,880円もついた。

今年から始まったJRAのWin5ならもっと配当がついたのだろうが、どのレースも頭数が少ないし、平日の昼間からネットで九州の公営競馬に投票する物好きは少ないから、投票総額が200万そこそこしかないので的中しても配当が安いのは仕方あるまい。

携帯をズボンのポケットにしまいちょっとした小遣いが出来たことをひとりでこっそりと喜んでいるとポケットの中で携帯が振動してメールの着信を知らせていた。
メールは美智子さんからだ。

〈ショウ君、明日逢えない?〉

〈どうしたの急に…?〉

〈明日約束していた体育教師が急にキャンセルになって空いちゃったから〉
(なん~だ。代打かぁ)

美智子さんとは携帯のSNSサイトで三ヵ月前に知り合った。
テレビCMで「無料」でゲームができることをウリに宣伝している携帯のSNSサイトだが、ゲームでアイテムを購入する為にはポイントが必要で、最初の登録時にあったポイントを使ってしまえば、新しい会員を勧誘するとポイントが貰えるとかって仕組みらしく、ボクも或る女性に無理やり入会させられたのであった。

小さな液晶画面の中で魚を釣ったり、花を育てたりする子供だましみたいなゲームには興味がないので、ボクはもっぱら出会いの方に専念した。

美智子さんは証券会社のコールセンターで派遣社員として働いている人妻OL、と言っても歳は49歳。子供はいない。

2年前に携帯のサイトで知り合った男と会ってホテルでセックスしてから女の歓びに目覚めてしまい。今ではセックスフレンドが5~6人いるヤリマンの人妻OLだ。

同い年の旦那さんは就職しても続かず転職を繰り返してきたが不況と年齢的な問題で今では派遣の仕事しかなく収入が不安定だと溢していた。

そんな美智子さんのセックスフレンドのメンバーにいつしか組み込まれたのか代打としてお誘いのメールがきた。
荒尾競馬のLOTOが当たり小遣いも出来たので美智子さんと会うことにした。

〈わかりました。明日逢えますよ〉

ボクは手短に返信して携帯をズボンのポケットに戻した。

よろしかったらクリックお願いします。



戻る もくじ 次へ

第1章 -03

2013.06.08 (Sat)
ママのマンションから歩いて10分ほどの場所にあるスナックに出勤するのはいつも夕方の5時半だ。店の名前は「幸子」。これはママの名前だ。
6人ほどが座れるカウンターとボックス席が2つのどこにでもある小さなスナックだ。

普段はママとバーテン見習いボクのふたりで店を切り盛りしているが、週末の金曜と土曜にはヘルプのコンパニオンが二人入る。
スナックは風営法の適用外であるから厳密には客席での接待は禁じられているが、客とカラオケを一緒に歌ったりボックス席では隣に座って客から酒をご馳走になったりしているのが現状だ。

「おはようございます」

店の準備をしているとコンパニオンの留美ちゃんが白いブラウスに黒のタイトスカートで出勤してきた。
留美ちゃんは27歳。
バツイチで子持ちだ。
昼間は子供を保育園に預けて埼玉の工場でパートとして働いているらしい。
週末は実家のお祖母ちゃんの家に子供を預けてお店に出勤してくるのでラストまで働いてもらっている。
酔ってくると客にしなだれかかり、密着度が増すのが特徴だ。
客と何やらヒソヒソ話をして、携帯のアドレスを教えあったり、水商売の業界用語で言うアフターで店が終わった後に客と食事に行ったりすることも度々だ。
店の客とホテルに行って金を貰っているのではないかとボクは思っている。
なぜならば留美ちゃん目当てで週末に訪れる客も数名いるからだ。

もうひとりのコンパニオン明日香さんはいつも開店時間のギリギリに出勤してくる。
ママは厳しいので1分でも遅刻すれば罰金を取るのだが今日は美容室に行ってまだお店に来ていないので、5分遅刻してやって来た明日香さんは助かった。
小さなお店なのでタイムカードは置いてないし、ボクもあえて告げ口などしない。

「もう切り上げようと思ったら確変引いちゃって……。止まらなくなっちゃってどうしようかと思ったのよ」

と嬉しそうに話す明日香さんは40代の人妻だ。
やや中年太りの否めないパチンコ好きで、豪快に大声で笑いよくしゃべる女性だ。

美容室で髪をアップにしてきたママが出勤してきた。
薄いブラウンに染めた髪が艶を帯びている。
白髪染めをしたので時間がかかったのかも知れない。

「ショウ君、タバコ買ってきて」

ママは店に人がいる時はボクのことを「ショウ君」と呼ぶ。

「はい、わかりました」

ボクは店の買い置きのタバコを買いにコンビニへ向かった。
店で買い置きしているタバコはマイルドセブン、セブンスター、キャビンマイルド、セーラムライトなど8銘柄だ。
震災の影響で工場がストップした為、コンビニのタバコを置いてあるショーケースに空きが目立った。
マイルドセブンもセーラムライトも売り切れだ。
いつもはカートンで買うのだが、「お一人さま二個まで」の貼り紙があるので仕方ないからセブンスターとキャビンマイルドを二個づつ買って店に戻ると常連の木村さんがビールを飲みながらカウンターを挟んで明日香さんと話していた。

木村さんは店の近くにある蕎麦屋の大旦那さんだ。短く刈った髪は真っ白で、歳は70を越えていると思われる。
店は息子さん夫婦に任せているそうだが、毎朝の仕込みには立会い打ちあがったそばとつゆの味見は欠かさない。
この時間もまだお店は営業してると思われるが、大旦那の木村さんは早めに店の仕事を切り上げてビールを飲みにやって来る。

よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ 次へ

第1章 -02

2013.06.07 (Fri)
「高木社長から今度の日曜日にゴルフに誘われちゃった」

バスルームで背中を洗ってもらっている時にママが言った。高木社長とは建設会社の社長でお店の常連さんだ。歳は50代半。いつも社員を4~5名連れて金を使ってくれるママにとっては大切なお客様だ。

「また接待ゴルフのコンパニオン役?」

「男ばかりのコンペじゃ花がないからって……。久しぶりだから練習しなくちゃ。明日は打ちっぱなしに行くからショウちゃんも一緒に行きましょうよ」

「ボクはゴルフなんてやらないよ」

「じゃあ、美味しいものご馳走してあげるからクルマ運転してよ」と言いながらママがスポンジをボクに渡した。こんどはボクがママの背中を洗う番だ。

小柄で細身のママの背中は小さい。
泡のついたスポンジで洗いながらボクは空いている左手を前に回しママの小粒な乳首を愛撫する。
ママはボクの股間に手をのばしフニャリとしている陰茎をつかんでシゴきはじめた。石鹸の泡が付いた手でシゴかれると気持ちいい。ママが固くなりはじめた陰茎をシゴきながらもう片方の手でボクのアナルを刺激しはじめた。

「ママがいたずらするから大きくなっちゃたよ」

「あら、本当だ」

シャワーで石鹸を流すとママが目の前にしゃがみ勃起した陰茎を口に含んだ。ボクは仁王立ちの状態で上からママがフェラチオをする表情を見るのが大好きだ。
決して上手ではないが味わうように舐めたり舌で愛撫するママの表情が愛おしく感じる。フェラチオをされながら見下ろしたママの伸びた髪の生え際に白髪が目立った。そろそろ美容室で白髪を染めに行くころだ。

よろしかったらクリックお願いします。


戻る もくじ 次へ
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。